過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

「自転車」に関する名言

深澤遥輔-オーバードライブ

の名言・格言

お前は遅い お前はなぜここにいる? この観客たちにお前が見せられるものなんだ? お前はなぜ自転車だ?

大和武-オーバードライブ

の名言・格言

僕は自転車しか速くない―― 他の筋肉は全部そぎ落とした だから体育にも出ない もう 普通の生活には戻れないんだ でも 自転車でなら 僕は 空だって飛べる! 唯一 無敵になれるんだ―――!

伊藤真(弁護士)

の名言・格言

LECを辞めてから何をするか。それも、自分の原点に立ち返って考えました。小学生の頃、私はゼロからモノを作ることが好きでした。秋葉原で部品を買ってきてラジオを組み立てたこともあります。廃品を集めたりして、たった350円でスポーツタイプの自転車を作ったこともあります。LECで法学教育の勉強法をゼロから自分で作り上げたことも、非常に楽しい経験でした。そう振り返ると、自分はゼロから新しいモノを作り上げることにワクワクするのだと気がつきました。会社を立ち上げてしくみ作りをすること、法学教育で人作りをすることが、自分が本当にワクワクできる仕事だと気がつき、伊藤塾を立ち上げたのです。

松下幸之助

の名言・格言

「これは背水の陣を敷くことだ。製品の真価を知ってもらうために小売屋に無料で配ろう」と決心した。まず3人の外交員を雇い、資本の続く限り、大阪中の小売屋に2、3個のランプをおいて回り、うち一個はその際点火して「30時間以上もちます。品物に信用が置けるようになったら売ってください。その後安心が出来たら代金を払ってください」といって歩かせた。松下電器の運命をかけた販売だった。2、3か月すると小売屋から電話や葉書で注文が来るようになった。 【覚書き|自転車用電池ランプを販売したときを振り返っての発言。最初はまったく売れず、上記の営業法がきっかけで大量に売れるようになった】

Copyright© kakoshiru , 2021 All Rights Reserved.