過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

「痛み」に関する名言

高宮菜穂-orange

の名言・格言

足の痛みは いつか消える でも 後悔は消えない 10年後も 今の私はこの後悔を 10年後まで 残したくない

高宮菜穂-orange

の名言・格言

痛みはいつか消える でも後悔は消えない。10年後も ”今”の私はこの後悔を 10年後まで残したくないから

渚カヲル-エヴァンゲリオン

の名言・格言

常に人間は心に痛みを感じている。 心が痛がりだから生きるのも辛いと感じる。ガラスのように繊細だね? 特に君の心は。

潮田渚-暗殺教室

の名言・格言

殺意を教わった。 抱いちゃいけない種類の殺意があるって事。 その殺意から引き戻してくれる友達の大切さも、 そして、殴られる痛み、実践の恐怖、 この人から本当に多くの事を教わった。 ひどい事をした許せない人だけど、それとは別に 授業への感謝はちゃんと言わなきゃいけないと思った。 感謝を伝えるなら、このような顔をすべきだと思ったから 「鷹岡先生、ありがとうございました。」

雨宮ひかり-あだち充シリーズ

の名言・格言

まさかやめるなんていわないでしょうね? あんたから野球をとったら何も残らないんだから。 男だったら一度めざした道は最後まで突き進むものよ。 途中で背中なんか見せるな! 倒れるときは前のめりだ! ヒジの痛みなんか根性で治せ!

雨宮ひかり-あだち充シリーズ

の名言・格言

男だったら一度目指した道は最後まで突き進むものよ。 途中で背中なんか見せるな! 倒れる時は前のめりだ! ヒジの痛みなんか根性で直せ!

白雪-赤髪の白雪姫

の名言・格言

痛みはじめてる。この赤、もうだめかな?

 

デール・カーネギー

の名言・格言

まず相手を褒めておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。

安藤百福

の名言・格言

いつも当選している代議士は、天下国家を理屈だけで論じている。国民の本当の痛みをついに知ることがない。私は落選した代議士が好きだ。選挙区に腰を落ち着けて市民の声を聞く。人の心の痛みがわかるようになる。今度当選して出てきたときには、人間が一回り大きくなっているのがわかる。

ジョージ・エリオット

の名言・格言

自分のためだけに心の狭い楽しみをひたすら追い求めた結果訪れる幸福は、次元の低い幸福だけです。広い考え方を持ち、自分ばかりでなく世の中の他の人々にも関心を示してはじめて大いなるものと歩調を共にするような、次元の高い幸福を手にすることができる。そうした幸福は、とかくひどい痛みを伴います。幸福とたんなる痛みを分ける方法はただ一つ。こうあるべきだと魂が感じ、あらゆるものの中から選んだかどうかです。

赤羽雄二

の名言・格言

日本はチームワーク、団体行動が重要な大量生産は得意でも、成熟期の方向転換、不確実な時代での舵取りは苦手なのではないでしょうか。「弱点」があるのは仕方ないことです。どの国にも強みもあるけど、弱みもある。いま私たちにできることは、日本企業の経営力、商品企画・開発力はレベルが低いという自覚をもって、驕ることなく本気で変わろうとするしかありません。痛みの伴う決断をし、真剣に取り組むことです。

ウィリアム・エックハート

の名言・格言

(生き残る株式投資家・トレーダーの特長は何かと聞かれた時の言葉)生き残れる投資家は「一度のトレードの失敗が精神を不安定にしてしまい失敗を重ねてしまう」というような雪だるま現象を避ける。また、負けることの痛みを理解している。もし負けの痛みが分からなければ神経麻痺になった人と同じなんだ。

東条猛猪

の名言・格言

取引先が企業戦争に敗残した姿には心痛み、銀行として取るべき態度に迷うこともあった。しかし、経営者がしっかりしていれば、たとえ一時的に苦境に陥ることがあっても、たいていの場合立ち直れる。【覚書き|上記発言は拓殖銀行会長時に銀行経営について語った言葉】

三木卓

の名言・格言

劣等感は十全に法則に適合できない生物が、より充実した生を生きたいと思っているのにそれがかなわない痛みであるといえるだろう。とすれば、劣等感とは、積極的に生きたいとする生の願望が何らかの形で否定されることによって顕在化した痛みである。ともいえるということである。

中内功

の名言・格言

もはや手本はない。いまこそ主体的に変革を実行していくときである。企業家精神を大いに発揮し、痛みを伴いながらも、創造的で活力のある新時代を切り開いていく。それが日本経済を再生し、透明度の高い経済社会を作ることになる。

長谷川武彦

の名言・格言

傷がなければ、人は楽で痛みもありません。けれども、傷を負わなければ、そこからは何も発想することはないし、何も創造することはできないんです。うまく機能していた既成の秩序に傷(問題)が入ると、こんなにうまくいっていたのに傷が入ってしまったとみんな落胆します。しかし、傷が入ることはこれまでのやり方を見直すきっかけになってくる。

Copyright© kakoshiru , 2021 All Rights Reserved.