過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

「戦場」に関する名言

阿良々木暦-傾物語

の名言・格言

僕は戦場ヶ原のことが一番好きで、 羽川のことをを誰よりも尊敬している。 八九寺と喋るのは何より楽しい。 だけど、一緒に死ぬ相手を選べと言われたらお前を選ぶ。

暦-傾物語

の名言・格言

僕は戦場ヶ原のことが一番好きで、羽川のことを誰よりも尊敬している。 八九寺と喋るのは何より楽しい。だけど、一緒に死ぬ相手を選べと言われたらお前を選ぶ

阿良々木暦-傾物語

の名言・格言

僕は、戦場ヶ原のことが一番好きで、 羽川のことを誰よりも尊敬している。 八九寺と喋るのは何より楽しい。 だけど、一緒に死ぬ相手を選べと言われたらお前を選ぶ

アスペル-風の谷のナウシカ

の名言・格言

戦場がいつも自分の国の外にあると思うのはまちがいだ

阿良々木暦-終物語

の名言・格言

羽川のことを…戦場ヶ原のことを…心から信じている 阿良々木暦という男が恩人や恋人よりも 時に幼女を優先する男だとわかってくれると信じている

三宮三葉-終わりのセラフ

の名言・格言

仲間は死ぬ それが戦場だ

三宮三葉-終わりのセラフ

の名言・格言

戦場は非情だ… だからあたしが守る

 

殺せんせー-暗殺教室

の名言・格言

自分と同じように敵も 考えていないか 頑張っていないか 敵の能力や事情をちゃんと見るようになる 敵に対し敬意を持って警戒できる人 戦場ではそういう人を・・・ 「隙が無い」と言うのです

鞠戸孝一郎-アルドノア・ゼロ

の名言・格言

安全なもんか、ここも戦場だ。

塚本幸一

の名言・格言

私にとって人生とは、自分自身を知るための日々なのだ。戦場で生き残り、天命によって生かされ、事業という第二の戦場で現在も戦い続けている私とはいったい何者なのか。自分の内面を見つめて、常に己を知ろうとしている。己は時には、対面する相手の言葉や表情にも表れる。自分が行っている仕事に対する周囲の反応から己が出てくる場合もある。

西村英俊

の名言・格言

社長の心得に平時と非常時の違いはないのです。だって、会社はそれがどんなに立派な会社であっても、毎日毎日、刻一刻とつぶれているのですから。社長にとって潰れる会社を崩壊から救うのは日常のこと、365日やっていることなのです。そういう意味では常在戦場、毎日が非常時と言ってよろしいでしょう。

馬場信房

の名言・格言

戦場は千変万化にて、かねて定めたることの違うことあるものなれば、手筈の違うところに任せて、よく働くをもって肝要とす。定めたるところの違へば、それに当惑して狼狽するにより、大なる負にもなり、穢(きたな)き首尾にもなるものなり。

前田利家

の名言・格言

戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。

竹中半兵衛

の名言・格言

武士は分に過ぎた高価な馬を持ってはならない。戦場でよき敵を見かけて追い詰め飛び降りて組まんとするとき、あるいは槍を合わせんとて降り立たんとするとき、馬中間(馬を引く足軽、従卒)が遅れていると、人に馬を奪われはしないかなどと考えて、つい心がひるんで、よき期をはずしてしまうものである。

本間雅晴

の名言・格言

部下の行為の行為について喜んで責任を分かつ。戦場で死んだ幾千の日本軍将兵の仲間入りをしたい。 【覚書き:戦後のGHQの裁判法廷での発言。】

馬場信房

の名言・格言

常在戦場 【覚書き|馬場信房の座右の銘。上記言葉を大書して壁にかけた。】

上杉謙信

の名言・格言

手にする道具は得意とする業物でよい。飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ。鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。 【覚書き:変心した城主と家来を誅殺したとき、謙信の部下が鉄砲と小太刀を使った。謙信の養子上杉景虎が「鉄砲は飛び道具で卑怯だ。小太刀を使った者の方が良い働きをした」と言ったのを聞いての一言。戦場では敵を倒すことが重要であり、使う武器の種類は重要ではないという趣旨の発言】

上杉謙信

の名言・格言

戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない。

戸次鑑連(立花道雪)

の名言・格言

いま私の部下が失礼をしたが、この者は戦場では何人分もの働きをする。とくに槍の扱いなどは当家一であろう。 【覚書き|部下が酒の席で失敗したとき、客に謝りながら語った言葉。部下思いの道雪の人となりを表すエピソード】

阿南惟幾

の名言・格言

戦争は味方が苦しい時は敵も苦しい。もはや退却という時に、突然敵が撤退するのは、戦場では珍しくない事例である。なによりも、戦意を失わぬことが肝要である。

Copyright© kakoshiru , 2022 All Rights Reserved.