過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

「役者」に関する名言

雲雀恭弥-家庭教師ヒットマンREBORN!

の名言・格言

匣を現在に成り立たせた 本当の立役者は ジェペットでも優秀な科学者でもない 偶然だ

鈴木頼-あのコの、トリコ。

の名言・格言

…雫、このまま一緒に連れて行きたい でもそれは無理だってわかってる だけど、離れても俺は雫と一緒だ アメリカに行っても、そしてその先も…一生 俺が役者としておおきくなって 『スーパースターになる』… あの子供の頃の夢が叶ったって雫が思ったとき… 俺と結婚してください

立花雫-あのコの、トリコ。

の名言・格言

頼!? 一体今まで連絡もなしになにやってたのよ! なんにも言わずに勝手に引っ越すなんて ほんっと腹立つ! 一緒に役者になろうって約束したじゃない!

津川雅彦(マキノ雅彦)

の名言・格言

脚本の次にキャスティングにはこだわった。たとえば、地球儀を想像してみてよ。どんなに凝って球の形を作っても、それだけじゃ客はなんだかわからない。最後に地図を書いた紙を一枚被せて、初めて客に地球儀と解らせる。役者は紙一枚。被せるだけだが、ものすごい大事な役目だよ。

津田秀樹

の名言・格言

上司に叱られている自分や、顧客のクレームに頭を下げている自分は、会社の人間としての役割を演じていると割り切ってみるといいでしょう。芝居が終われば役者が素の自分に戻るように、就業時間が終われば、自分も楽しく酒を飲み、好きな趣味に興じる。あまりひどいストレスにさらされ続けると、心は病んでしまいます。自分の心を守るためにも、意識的に役割を使い分けてみることをお勧めします。

近松門左衛門

の名言・格言

これは劇というものの真髄をとらえている。観客を考慮に入れているからだ。観客は役者よりも事情をよく知らされている。どこに間違いがあるか知っていて、何も知らずに運命へと突っ走る舞台の上の可哀想な人物たちを憐れに思うのだ。 【覚書き|上記は弟子の作品に対する賛辞】

中村吉右衛門(二代目)

の名言・格言

登りかけた山なら登り詰めるべきでしょう。役者というのは人生経験なり人間性なりの蓄積がうまくミックスした時がいわゆる脂がのるという時期じゃないかと思うんです。年齢でいうと50から60歳くらい、それに向かっていろいろ試してみたい。

弘兼憲史

の名言・格言

部下にやる気を起こさせる手っ取り早い方法は、まず自分のやる気を起こすことだ。やる気のある人間には誰でも引きつけられる。リーダーも部下に見られていると思えば、いやでもやる気を出さざるを得ない。テレビタレントや役者がいつも生き生きしているのは、多くの人に見られているからだ。見られるということを意識しているからだ。あなたが思っている以上に部下はあなたのことを良く見ていると意識した方がいい。しかも隠したいと思う部分ほど・・・

平野秀典

の名言・格言

ビジネスもエンターテインメントもお客様の喜びを生み出すアプローチは同じ。トップセールスと一流の役者は同じスキルを磨いているのです。

シェイクスピア

の名言・格言

全世界は一つの舞台であり、すべての男と女はその役者にすぎない。彼らは退場があり入場があり、ひとりの人間が一度の登場で多くの役を演じる。

樋口廣太郎

の名言・格言

私の持論の一つに「メーカー大根役者論」というのがあります。メーカーというのは役者でなくてはならない、役者でも、二枚目でわがままが通るような役者ではなく、大根役者でなくてはならない、というわけです。監督はお客様です。演出は流通のみなさん、小売店さんです。こういう味、こういう商品があればいいということを言ってもらい、いただいた役柄を忠実にやるのがメーカーです。そういう感覚でお客様の求めておられるものを敏感にキャッチし、それを演じる、こういった姿勢にならなければいけないということです。

Copyright© kakoshiru , 2021 All Rights Reserved.