過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

「嫌い」に関する名言

雲雀恭弥-家庭教師ヒットマンREBORN!

の名言・格言

僕は弱くて群れる草食動物が嫌いだ。視界に入ると・・・咬み殺したくなる。

雲雀恭弥-家庭教師ヒットマンREBORN!

の名言・格言

僕は弱くて群れる小動物が嫌いだ 視界に入ると 咬み殺したくなる

雲雀恭弥-家庭教師ヒットマンREBORN!

の名言・格言

幻術には詳しいんだ 嫌いだからこそね

 

雲雀恭弥-家庭教師ヒットマンREBORN!

の名言・格言

ふうん どうやら君は霧の幻術使いのようだね 君に個人的な恨みはないけど 僕は術士が嫌いでね 這いつくばらせたくなる

柏崎-風が強く吹いている

の名言・格言

だから嫌いなんだ。すぐにレベルだ勝ち負けだ、そういう次元でしかものを語れない。 僕は走るのが本当に嫌いだ。だけど、人のすることをとやかく言う人はもっと嫌いだ。 この人たちが仲間かどうかよくわからない。 けど少なくとも僕を、僕の嗜好を、価値を、認めてくれているんだ。 この人たちにレベルの高い低いは存在しない。あるのは、それぞれが誰なのかということだけだ。

蛇喰夢子-賭ケグルイ

の名言・格言

私は 絶対に勝つ勝負も 絶対に負ける勝負も嫌いなんです それはギャンブルではありませんから

四宮かぐや-かぐや様は告らせたい

の名言・格言

いい子だし、嫌いじゃないのですが ごめんね 石上くんのことは虫けら程度にしか思えません

九空揺愛-俺の現実は恋愛ゲーム?? かと思ったら命がけのゲームだった

の名言・格言

私待たされるのは好きじゃない 質問を二度繰り返すのも嫌い

高坂京介-俺の妹がこんなに可愛いわけがない

の名言・格言

大嫌いだろうが、どうでもよかろうが クソ生意気でかわいくなかろうが 妹は、助けてやんなくちゃならんだろうよ そうだろう?

 

高坂京介-俺の妹がこんなに可愛いわけがない

の名言・格言

俺は、天才という言葉が嫌いだ かつて俺が天才だと思ってた奴は 単に人よりたくさん頑張っていただけの凡人だったし そいつが長い時間かけて流してきた汗を 積み重ねた努力を 天才の一言で片づけてしまうのは 実はとてつもなく失礼な事ではないかと思うからだ

千石撫子-囮物語

の名言・格言

暦お兄ちゃんなんて 大っ嫌いだよ!!!!

 

明石七海-落ちてるふたり

の名言・格言

嫌いじゃない 無関心なの

九条みのり-お嬢様の僕

の名言・格言

誰にでも優しいところが 養太郎の好きなところで嫌いなところ 「誰か」の一人じゃなくて 養太郎の一番大事な人になりたい

水沢千里-お酒は夫婦になってから

の名言・格言

む〜 酔った私はお嫌いですかにゃ〜?

 

祇園健次-ALL OUT!!

の名言・格言

俺は、ちびって言われるのが大っ嫌いなんだよ

 

千寿ムラマサ-エロマンガ先生

の名言・格言

つまらない夢を抱く君が 私の夢を邪魔する君が嫌いだ!

 

千寿ムラマサ-エロマンガ先生

の名言・格言

つまらない夢を抱く君が 私の夢の邪魔をする君が嫌いだ

 

アスカ・ラングレー-エヴァンゲリオン

の名言・格言

嫌い嫌いみんな嫌い だいっ嫌い

 

葛藤ミサト-エヴァンゲリオン

の名言・格言

自分が嫌いなのね だから人を傷つける 自分が傷つくより 人を傷つけた方が 心が痛いのを知っているから

月白瞳美-色づく世界の明日から

の名言・格言

魔法なんて 大嫌い・・・

殺せんせー-暗殺教室

の名言・格言

先生のことは嫌いでも、 暗殺のことは嫌いにならないでください

殺せんせー-暗殺教室

の名言・格言

先生のことは嫌いになっても、暗殺のことは嫌いにならないでください

花園千秋-あひるの空

の名言・格言

俺の嫌いな言葉を三つ教えてやろう「規則」と「決まり」と「ルール」だっ

古賀春華&国見比呂-あだち充シリーズ

の名言・格言

知ってます?この学校には野球部ないんですって 野球愛好会があるって聞いたぜ でもぜったい部にはならないんですって 高校野球嫌いの校長のせいで そっか。そいつは大変だ うん

古賀春華-あだち充シリーズ

の名言・格言

国見くんは、四球が一番嫌いなのよ。 バックのみんなの毎日の守備練習が、 なんの役にも立たないから・・・ ヒットならボールを追って走って――― うまくいけばファインプレーのチャンスだってある。 けど、四球とホームランはただ見送るだけ。 ホームランは打った相手をほめることもできるけど、 ストライクを取れずに出した四球に、 言い訳はできないって。

本田宗一郎

の名言・格言

私は、他人の真似をするのが大嫌いである。私は真似が嫌いだから、うちはうちの作り方でやろうということで苦労をしたわけである。しかし、かれらに追いつくまでに時間をかけて努力したことが、追いついてからのちの技術力の差になった。

村口和孝

の名言・格言

社会に対する好き嫌いは当面辛抱せよ。まず、じっと世の中の成り立ちを眺めてみよう。地球も宇宙も社会も、同様にその事実現実を受け入れ、共通点や一見矛盾に見える違いをよく観察して、その不思議さをたっぷりと味わう時間を持つのだ。さらにすでに体験をした様々な人の話に耳を傾ける事も、社会を理解する勉強になる。

中島武

の名言・格言

飲食だけでなく、僕には何のスキルもなかったんです。ただ基本的に人が好きですから、人が集まるところ、たとえば飲食店ですとか、ホテル、旅館などがもともと好きだったことはあります。また、僕は営業が嫌いだったので、営業しなくてもお客様が来てくれるだろうと考えたんです。あとは、日々食べていくくらいは稼げるだろう。という安易な考えで最初は始めました。

北島素幸

の名言・格言

環境や他人のせいで嫌いになるなんていうのも、結局はその人本人の責任なんだもんね。どんなに悪い条件のときにも、前向きに考える余地はあるはずですから。

林野宏

の名言・格言

伸びる人は競争心、負けず嫌いな人。それから商人(あきんど)の血が流れている、お客さんに自分たちは食べさせてもらっている、という感覚がある人。

山口瞳

の名言・格言

いつでも上等の背広を着ていないと気がすまない人がある。会社へ行っても、同僚よりも汚い机をあてがわれたといって怒る人がいる。その机の配置を妙に気にする人がいる。私はそういう人を野暮ったいと思う。どちらかというと、そういう人が嫌いだ。

神田昌典

の名言・格言

私が面白いと思ったのは、大阪の住宅メーカーが、他社のチラシを見た観点である。どういう観点かというと、まず商品仕様を見る。そして価格とのバランスを考える。つまり、商品品質と価格で、チラシの反応が決まると考えている。これは大変、大きな勘違い。お客はそういった観点からチラシを眺めていないから。「○○したいかどうか」という好き嫌いで、判断しているのである。このコンマ数秒の、好き嫌いテストをパスしないと、あなたのチラシはゴミ箱行きの束に直行する。

宮本彰

の名言・格言

私はマーケティングに時間や資金を使うのが大嫌い。売れる、売れないは市場に聞けば分かる。

吉田沙保里

の名言・格言

世界の大舞台で連勝できた要因は、超負けず嫌いな性格だから。それと「何が何でも金メダルが欲しい」という動機。

ロバート・アレン

の名言・格言

私が考える『クレイジーの定義』とは『わずかなお金を得るために嫌いな仕事を50年も続けた揚句、貧乏なまま死ぬこと』。

石川光久

の名言・格言

僕は我慢は大切だと言っているし、やりたいことをやりたいんだったら、周りの人に喜ばれ、感謝されろとも言っています。これは好きなことをあるための基本中の基本。まわりに嫌われているような連中は、自分のやりたいことなんかできっこない。やりたいことをさせてもらえないし、そんなやつとは組みたくない。そこは好き嫌いの次元かもしれないけれど。

染谷和巳

の名言・格言

ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。

岩本隆

の名言・格言

私が部下を叱るときにいつも心がけていたのは、会社の制度を利用することでした。たとえば成績が悪いことを叱らなくてはいけない場合、「会社の評価制度がこうだから、評価はこうなる」と淡々と指摘します。客観的な基準を用いれば、個人的な好き嫌いと関係なく、不本意ながら叱らざるをえないということが伝わります。一方、褒めるときは、自分の言葉で評価したほうが部下も喜んでくれる。これを逆にする上司は、たとえ正しい評価をしていたとしても部下になかなか理解してもらえないでしょう。

ウィル・ロジャース

の名言・格言

私が彼と会ってお喋りができたなら、彼の中に興味有るところと人間のいたわり合う気持ちを見出すことだろうと請け合う。というのも私は嫌いな人とまだ会ったことがないからだ。あなた方が人と会うとき、どんなに先入観を持っていたとしても、彼等に会ってその観点や人間性を見た後では、彼等全ての中に多くの良いことを見出すことができる。 【覚書き:上記はソ連の政治家トロツキーについて語った言葉】

本田宗一郎

の名言・格言

金なんかなくたって、心が豊かで、誰にも迷惑をかけずに、好きなことをやっていけたら、これが一番幸せな人生なんだろうな。俺は若いころから好きなこととなると無我夢中になった。だって、嫌いなことを無理してやったって仕方がないだろう。人間「得手に帆あげて」生きるのが一番良いからね。ただし、俺が好きなことばかりやってこれたのも、会社でも家庭でもいいパートナーがいたからなんだ。

前田晃伸

の名言・格言

上司が部下に向かって「あれしろ、これしろ」というのはやめたほうがいい。元来人間と言うのは、人から指示されるのは嫌いなはずです。本人が自発的に取り組んで初めていい仕事ができるし、やりがいも出てくる。人から与えられた仕事をいくらやっても、達成感はなかなか得られません。やりがいのある仕事ができるかどうかはすべて本人次第。

西村英俊

の名言・格言

私は昼食時を有効に利用しようと取引先はもちろん、社内の職員とも積極的に昼食を一緒にしました。誰かと一緒に昼食をとるケースは非常に多いですが、その場合には必ずテーマを設定しています。何を聞いて何を主張しなければならないとか、どんなことを聞きだそうとか、人間関係の好き嫌いを嗅ぎ分けるとか、テーマを持って昼食を設定します。反面、テーマのない場合は、誰とも昼食を一緒にはしません。

伊達政宗

の名言・格言

気ながく心穏やかにして、よろずに倹約を用い金を備うべし。倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事は、うまからずとも褒めて食うべし。元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。

松本大

の名言・格言

どんな仕事であっても、プロの仕事と言うのはこうあるべきでしょう。仕事はやる以上は、決して好き嫌いどころか、濃淡さえも付けるべきではありません。それができなくなった瞬間に、プロの仕事ではなくなります。

寺澤芳男

の名言・格言

国よりも前に個があるというのはアメリカ流の考え方です。極端な例を言えば、自分がアメリカを嫌いになったら、日本人になればいいと考える。自分が国を選べる。一番大事なのは自分であり、自分の愛している人であり、自分のファミリーであるという個に基づく考え方をしないと、これからは社会に出てもうまくいかないのではないか。日本も景気はよくならないかもしれないけど、そういう社会になることだけはほぼ確実です。

舘豊夫

の名言・格言

組織にはある程度秩序が必要で、その拘束性が嫌いであったり、ある分野に激しい情熱と自信をもったりする人は、画家や音楽家、学者、評論家などの道を選択すればよい。私のように独立独歩で生きる自信がなかった普通の人にとって、組織は人を鍛え、成長させ、多くのことを教えてもらえる啓発の場であった。

松井道夫

の名言・格言

新しい日本を作るには、会社と個人の主従を逆転させればいいんです。個が自由に組織をつくればいいんです。私は社員みんなの「好き嫌い」で組織を作っていこうと思っています。いくら理屈を並べても、最後の最後に組織のベースになるのは、感情なんです。もっともらしい基準を設けて体裁を整えるのはやめてもっと人間的なことで評価しようと考えたのです。人間は結構本質を見抜くものです。松井証券は社員数が156人の会社です。感情を前提に作り上げた会社が一つくらいあってもいいじゃないでしょうか。

Copyright© kakoshiru , 2022 All Rights Reserved.