過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

「ケチ」に関する名言

佐久間昇二(佐久間曻二)

の名言・格言

ケチで元気。汗と知恵を出せ。

本田健

の名言・格言

健康の大部分はお金で買うことができます。ケチらずに自分の体に投資することが大切です。

門昌央

の名言・格言

商談中に競合の商品について話題になったら、褒めてみるというのも意外と効果的です。「人は褒めると、ケチをつけたくなる」という心理を利用するのです。相手が他社の商品にケチをつけたら、各商品のメリット、デメリットが見えてきます。そこから出し抜くヒントが見つかるかもしれません。

山本梁介

の名言・格言

私は、大阪・船場の繊維問屋の3代目だったんです。母が跡継ぎで親父が養子に入るという典型的な大阪商人の家で、いつも家では商売の話が飛び交っていました。印象に残っていたのは、「関西人はケチと言われるがそうではない。お金の価値を知っているのが関西人だ」という教えです。どぶに捨てるカネは惜しむが、必要なカネは蔵を潰しても惜しくない。「生き金、死に金」ですね。生き金ならば、投資は惜しまずやっていますね。

森下泰

の名言・格言

恵まれた人はケチに徹し、その分を社会に還元しなければいけない。どケチはとても真面目な考えなんです。【覚書き:経営者にとってのケチの精神をユーモアを交えて語った言葉。】

松永安左エ門

の名言・格言

こう見えても、自分は独立した一個の商人だ。飢える気遣いははない青年だ。国の母や君に金をもらうケチな考えはない。 【覚書き|福沢桃介と福松商会を創業し金に苦労しているのを見た同郷人に「なぜ実家から金をもらわないのか。いま私が持っている金を置いていこうか」と聞かれたときの発言】

佐藤孝幸

の名言・格言

人間は、お金はケチるのに時間はなぜかドブに捨てるように使ってしまう。私に理由なく1万円くれる人はいませんが、平気で1時間くれたりします。「タイム・イズ・マネー」の言葉通り、時間とお金は等価。でも時間は目に見えないので、まるで自分が永遠に生きるかのように扱ってしまうんです。

徳川家康

の名言・格言

私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。

和田秀樹

の名言・格言

収入が一定であればお金に対する価値観は変わらない。収入が増えればお金に対する価値観はどんどん切り下げられていくということだ。支出をケチるという考え方を、収入を増やすという考え方に変え、ケチケチして1000円のもので迷っていたのが馬鹿馬鹿しくなるような形に持って行った方が人生をより楽しめるのではないかと思う。

Copyright© kakoshiru , 2021 All Rights Reserved.