過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

                           

名越康文の名言・格言

ストレス解消の基本はリリースです。リリースとは解放、つまりたまったものを追いやって洗い流す。流して初めて成功です。だから、大切なのは解消法を実践した後、実際に気分が明るくなったり軽くなったりしたかをモニタリングすること。逆に高まっては最悪です。

運動不足になると、「こらえ性」がなくなるんです。イライラする原因はこれが大きい。イライラ解消には体を動かすことが一番。

人は、「苦痛を超えて手に入れる」ことにこそ、強い快感を覚える。どんなジャンルであれ、苦しくストレスフルな段階を通り抜けることで、喜びが得られる。

「人生、ほどほどでいい」という人も増えてきました。私も同感ですが、「ほどほど」には2パターンあることに注意です。ひとつは、本当は成果を出したいのに、上手くいかないことを見越して「俺はほどほどでいい」と予防線を張るパターンです。このパターンの裏側には、自分への諦めの気持ちがあります。諦めは形を変えた自己否定であり、一見さっぱりしているようで、心の中は自分への怒りの炎が渦巻いています。その炎はいずれ自分自身を焼いてしまうでしょう。もうひとつは、仕事とは別に自分の軸足を置く世界があるので、「仕事はほどほどでいい」というパターンです。これは結果的に良い成果を生み出しやすく、スランプ期間が短い。本人はほどほどにしか頑張っていないつもりでも、それ以上の成果を手にしているはずです。

趣味を持っていると、仕事が上手くいかない時期があっても、それほど落ち込まずにすみます。仕事一筋の人は、仕事で失敗すると自分の全人格が否定されたと受け止める傾向があります。一方、趣味の分野で成果が出ている人は、仕事で失敗してもアイデンティティが揺るぎません。仮にスランプに陥っても、趣味の世界に緊急避難して「自分はまだ大丈夫」と勇気付けることができるため、再チャレンジしやすいのです。

Copyright© kakoshiru , 2021 All Rights Reserved.