過去の名言から知り、今の生活に生かす

kakoshiru

                           

ジョセフ・ジューベルの名言・格言

教えることは、二度学ぶことである。

学ぶことをせず空想する者は、翼を持つ。しかし、足を持っていない。空想は魂の眠りである。

自分が行動するときは規則に従い、他人を評価するときは情状酌量しなさい。

欠点を見せない人間は、愚者か偽善者である。欠点の中には美点に結びついているもので、美点を告げ知らせるものであり、改めない方がよい欠点があるものである。

目的は、必ずしも達成されるために立てられるものではない。標的の役目をするために立てられるものである。

すべての庭師は美しい場所に生きている。なぜなら、彼らは庭をそのような美しい場所にするために活動しているのだから。

肉体は、我々の存在が野営している仮の小屋である。できればにこにこ笑いながら死ななければならない。

才能ある者は、称賛の声のある方へと赴く。称賛の声は才能ある者を惑わす人魚である。

人の不幸の大半は、過去を顧みることで発生する。

快楽は、肉体のある一点の幸福にすぎない。真の幸福、唯一の幸福、完全な幸福は、魂全体の平穏な状態に存在する。

若者に聞いてみなさい。彼らはすべてを知っていますよ。

我々の信用は、我々の財産のひとつである。

Copyright© kakoshiru , 2021 All Rights Reserved.